2020/08/04

ベトナム株配当情報:ホアファット鉄鋼グループが4年ぶりの現金配当を発表

ベトナムの鉄鋼会社、ホアファット鉄鋼グループ(HPG)が権利落ち日ベースで4年ぶりの現金配当(1株500ドン)を発表しました。

7/29権利落ち、支払い開始は8月7日です。

ちなみにホアファット鉄鋼グループの過去の配当の推移は以下の通りです。

2020年:500ドン(8月時点、年1回)
2016年:1500ドン(年1回)

2015年:1000ドン(年1回)

2014年:1500ドン(年1回)

2013年:1000ドン(年1回)

2012年:1000ドン(年1回)

2010年:2000ドン(年1回)

2009年:2000ドン(年2回)

2008年:2000ドン (年2回)

2007年:1000ドン (年1回)


過去は年1回が多いので、20年は今回の500ドンで打ち止めでしょう。

2016年以来現金配当は実施していませんでしたので、久しぶりの現金配当です。500ドンに対する現株価(8月3日時点)の配当利回りは2.1%です。高くはないですが、ないよりは有り難いですね!

今回は以上です。ツイッターでもベトナム株情報をお知らせしますので、是非フォローお願いします:







*重要な事項


当サイトはあくまで個人の見解で情報提供を意図しており、サイトの閲覧者に銘柄への投資を推奨しているものではありません。また、掲載情報が誤っているかまたは古い可能性もあります。当サイトの情報を利用することで発生したいかなる事故・損害に対しても当サイトは一切その責任を負いません。投資は元本が減少するリスクがあります。上記の株への投資を含む、投資の決定はくれぐれも自己責任でお願いします。



2020/08/03

ついに!ベトナム株・タイ株の損益がプラ転!!!

ベトナム株、タイ株の全体の含み損益がプラ転しました!

19年年初に投資して以来常に含み損でしたが(本当笑える話ですが・・・)

最近タイ株の損益が改善して全体でプラスになりました!!

ベトナム株じゃないのかよ、というツッコミはなしで笑

ベトナム株は今の含み損が10万円程度です。ただ配当で現金が6万円あるのと、それを除いた過去の累計配当額が10万円は軽く超えているはずなので、ベトナムkの収支ではプラスなはずです。なのでお許しください!!



タイ株は一時期一番足を引っ張っていたデルタ電子が急上昇です。

やはり株は持ち続けるのが一番ですね。

分散投資の効果も感じます。

また今後株価が下がって含み損に転じることも十分あるかと思いますが(というかそうなると思う笑)、一度でもプラ転したことは励みになります。

せっせと配当を再投資して一山あてるまで粘り続ける所存です。

外国株投資はまずどんな企業があるか知ることから。ベトナム含むASEANの有力企業を学ぶのには「ASEAN企業地図」がおすすめです。








今回は以上です。ツイッターでもベトナム株情報をお知らせしますので、是非フォローお願いします:






*重要な事項

当サイトはあくまで個人の見解で情報提供を意図しており、サイトの閲覧者に銘柄への投資を推奨しているものではありません。また、掲載情報が誤っているかまたは古い可能性もあります。当サイトの情報を利用することで発生したいかなる事故・損害に対しても当サイトは一切その責任を負いません。投資は元本が減少するリスクがあります。上記の株への投資を含む、投資の決定はくれぐれも自己責任でお願いします。

2020/07/25

ベトナム株配当情報:ビンミンプラスチックが1株1000ドンの現金配当を発表

ベトナムのプラスチック製品屋、ビンミンプラスチック(BMP)が1株1000ドンの現金配当を発表しております。有名な株ではないので、関心ある人は少ないと思いますが、私の保有株でもあります。

権利落ち日は7月17日、支払い開始日は8月5日です。ビンミンプラスチックは5月に2000ドンの配当を発表しており、今回で今年の配当は計3000ドンとなります。

おそらく今年の配当はこれで打ち止めでしょう。前年比では減配となりそうです。配当を出せるので当面の経営の心配はなさそうなのは安心です。

ちなみに以下がこれまでのビンミンプラスチックの1株配当の推移です。

2020年:3000ドン(2回、7月時点)
2019年:4500ドン(2回)
2018年:4000ドン(2回)
2017年:5500ドン(3回)
2016年:4500ドン(1回)
2015年:4000ドン(2回)
2014年:3000ドン(2回)

7/23終値の株価52500ドンに対する配当利回りは5.7%となっています。ビンミンプラスチックは実は年初来で株価が上昇していて、なかなか好調です。

ちなみに今日現在、1000ドンは4.6円とのことです。私は2010株を保有しているので、税前で9000円程度の収入となります・・・塵も積もれば・・・

これだけでは再投資するには足りないですが、他の銘柄からの配当を集めて大化け狙いでベトナム株に再投資したいと思います。


今回は以上です。ツイッターでもベトナム株情報をお知らせしますので、是非フォローお願いします:


外国株投資はまずどんな企業があるか知ることから。ベトナム含むASEANの有力企業を学ぶのには「ASEAN企業地図」がおすすめです。











*重要な事項


当サイトはあくまで個人の見解で情報提供を意図しており、サイトの閲覧者に銘柄への投資を推奨しているものではありません。また、掲載情報が誤っているかまたは古い可能性もあります。当サイトの情報を利用することで発生したいかなる事故・損害に対しても当サイトは一切その責任を負いません。投資は元本が減少するリスクがあります。上記の株への投資を含む、投資の決定はくれぐれも自己責任でお願いします。






2020/07/24

ベトナム株配当情報:ペドロベトナムガスが1株3500ドンの現金配当を発表

ペトロベトナムガス(GAS)が1株3500ドンの現金配当を発表しております。権利落ち日は7/14と既に過ぎております。遅くなり申し訳ありません。支払い開始日は10月30日と少し先です。

一回あたりの配当額3500ドンは過去に比べても巨額です。権利落ち日ベースでペドロベトナムガスの2020年の配当は今回が初めてになります。

例年配当は1年に複数回あるので、年末にかけて再度配当が発表されるかもしれません。

ちなみに以下がこれまでの現金配当の推移です。

2013年:3000ドン(3回)

2014年:3700ドン(2回)

2015年:3500ドン(3回)

2016年:2500ドン(2回)

2017年:6000ドン(5回)

2018年:4000ドン(2回)

2019年:4300ドン(3回)

2020年:3800ドン(1回、7月時点)


7/22の終値ベースでペドロベトナムガスの額は株価は70200円でしたので、3800ドンの利回りは5.4%となります。まだこれから配当もある可能性も考慮して、良い水準ですね。

配当を再投資して長期視点で資産形成していきましょう!

外国株投資はまずどんな企業があるか知ることから。ベトナム含むASEANの有力企業を学ぶのには「ASEAN企業地図」がおすすめです。









今回は以上です。ツイッターでもベトナム株情報をお知らせしますので、是非フォローお願いします:







*重要な事項


当サイトはあくまで個人の見解で情報提供を意図しており、サイトの閲覧者に銘柄への投資を推奨しているものではありません。また、掲載情報が誤っているかまたは古い可能性もあります。当サイトの情報を利用することで発生したいかなる事故・損害に対しても当サイトは一切その責任を負いません。投資は元本が減少するリスクがあります。上記の株への投資を含む、投資の決定はくれぐれも自己責任でお願いします。








2020/07/18

第74週:損益が徐々に回復

久しぶりにベトナム株、タイ株の損益を確認してみると、意外に復調してました。

まだ含み損13万円ですが、一時期100万円近くあったことを考えるとありがたいことです。

また配当を再投資していることや、現金も4万円相当あることを考えると初期の入金額と比べたら、トントン〜プラスだと思います。

ベトナム株をはじめてから2年程度、やっとベトナム株投資が少しずつ形になってきている気がします。

ちなみに損益改善の要因はダンカンロジの上昇と、タイ株のデルタの数十%の大幅上昇です。

相変わらず駄目そうな銘柄もありますが、大化けに夢をかけ、ベトナム株投資を継続していきます。

ちなみにCMC株をけっこう買い増しました!


2020/06/29

米株始めました

私のポートフォリオは日本株が大半で、一部ベトナム株とタイ株があるという状況ですが、今後は米株もほんの少しづつですが増やしたいと思います。

米株は学生時代にグーグル、マクドナルドに投資をしたのと、近年だと色々な事情でアプティブ(APTV)という会社の株を持っていたのみでした。今後はポートフォリオにおける米株のウエイトを徐々に増やすつもりです。

手始めにアルファベット・グーグル株の定期購入をはじめました。毎月1株定期購入し、買い場が訪れたら積極的に買いますつもりです。S&PやNASDAQの指数連動や、テック系の銘柄に分散投資することも考えましたが、まずはグーグル株を一定水準(500万円〜1000万円)まで入金するのが個人的に一番しっくりきました。

実はグーグルは学生時代よりずっと個人的に投資をしたい会社No.1で、ポートフォリオに一定のウエイトを入れることへの憧れがありました。色々な理由でそれはできてなかったのですが、今回やっとそれを実行します。

米株は日本株みたいに個別株でアクティブな投資はせず、グーグル株+パッシブ(指数連動系)という組み合わせに将来的にはしていきたいと思っています。

株価倍増が期待できそうなクラウド銘柄もみてみましたが、株価パフォーマンスが良い、という以外に安心して保有できる理由がなかったので、見送りました。グーグルも必ずしも盤石でもないでしょうし、テック株への投資は難しいですね(特にのんびり系投資家の私にとっては・・・)。

当面は日本株で資産を増やしたいですが、ゆっくりとですが徐々に米株の投資比率も上げていきたいと思います。

あ、ちなみに中国株もそのうち投資を開始したいと思っています!中国株の場合は日本株やベトナム株みたいに個別株で勝負したいですね。

外国株投資はまずどんな企業があるか知ることから。ベトナム含むASEANの有力企業を学ぶのには「ASEAN企業地図」がおすすめです。









今回は以上です。ツイッターでもベトナム株情報をお知らせしますので、是非フォローお願いします:







*重要な事項


当サイトはあくまで個人の見解で情報提供を意図しており、サイトの閲覧者に銘柄への投資を推奨しているものではありません。また、掲載情報が誤っているかまたは古い可能性もあります。当サイトの情報を利用することで発生したいかなる事故・損害に対しても当サイトは一切その責任を負いません。投資は元本が減少するリスクがあります。上記の株への投資を含む、投資の決定はくれぐれも自己責任でお願いします。

2020/06/25

ベトナム株配当情報:ビナミルクが一株1500ドンの配当を発表




ビナミルク(VNM)が一株1500ドンの現金配当を発表しました。権利落ち日は6月29日、支払い開始は7月15日です。権利落ち日ベースでは2020年に入ってからは初めての配当です(支払いは2020年に1度ありました)。


下記がビナミルクの現金配当の推移です。



14年:計4000ドン(年2回)
15年:計6000ドン(年2回)
16年:計6000ドン(年2回)
17年:計4000ドン(年3回)
18年:計4500ドン(年3回)
19年:計4500ドン(年3回)
20年:1500ドン(6月25日時点で1回)



例年の配当の時期(権利落ち)は5-6月に1回、8−9月に1回、年末にかけて1回というパターンが多いです。この観点からは今年の6月の発表は例年通りのパターンに近い推移となります。



なのでコロナの影響はありつつも、20年は年央から年末にかけて再度配当が期待できると思います。



仮に昨年の配当4500ドンが20年も維持される場合は、現株価(6/24、117100ドン)に対する配当利回りは3.8%です。

中長期で業績が期待できるという前提であればなかなか良い利回りですね。仮に今回の1500ドン1回で終わると、配当利回りは1.2%となりますが、それはないと予想します。

ビナミルクの商品はコロナの状況下でも消費される製品でしょうし、日本でヨーグルトが流行っている例もありますので、悪くなさそうです。私はノーポジですが。

株価の観点からは、コロナ前の水準に戻しているので、ここからあえて買う必要もないかもしれないです。コロナ再燃懸念で株価が調整するようでしたらエントリーするのも面白いかもしれません。投資は自己責任でお願いします。







今回は以上です。ツイッターでもベトナム株情報をお知らせしますので、是非フォローお願いします:







*重要な事項


当サイトはあくまで個人の見解で情報提供を意図しており、サイトの閲覧者に銘柄への投資を推奨しているものではありません。また、掲載情報が誤っているかまたは古い可能性もあります。当サイトの情報を利用することで発生したいかなる事故・損害に対しても当サイトは一切その責任を負いません。投資は元本が減少するリスクがあります。上記の株への投資を含む、投資の決定はくれぐれも自己責任でお願いします。



2020/06/23

ベトナム株配当情報:タンカンロジが2000ドンの追加配当を正式発表



タンカンロジスティックが一株2000ドンの配当を正式に発表しました。6月26日権利落ち、支払い開始は7月24日です。

4月にも2000ドンの配当を出しているので、これで今年は計4000ドンです。私の取得単価が18801ドンなので、これだけで利回り20%超えです!5月の発表によると、10月にも3000ドンを配当する予定なのでこれもまた楽しみです。

5月の発表の詳細はこちら:https://www.stockmemo.com/2020/05/PL_30.html

配当権利落ち後は株価はかなり下がるでしょうが・・・配当を原資に他の有望な株に投資したいと思います。


今回は以上です。ツイッターでもベトナム株情報をお知らせしますので、是非フォローお願いします:







*重要な事項


当サイトはあくまで個人の見解で情報提供を意図しており、サイトの閲覧者に銘柄への投資を推奨しているものではありません。また、掲載情報が誤っているかまたは古い可能性もあります。当サイトの情報を利用することで発生したいかなる事故・損害に対しても当サイトは一切その責任を負いません。投資は元本が減少するリスクがあります。上記の株への投資を含む、投資の決定はくれぐれも自己責任でお願いします。