2021/01/20

ベトナム株が大暴落。株初心者を中心にパニック売りとの報道

 1/19のベトナム株のインデックスであるVNインデックスは5.1%の大暴落。

 

私の保有株ももれなく大暴落。ちなみに120日においても引き続き暴落中。

 

ロイターによると、絶対数値の下げ幅は過去20年で最大とのこと。

 

ホーチミン取引所は売り注文が殺到したために、午前中に取引システムが20分程度中断し、午後も停止した瞬間があったとのこと。

 

VNダイレクト証券は最近株をはじめた初心者を中心にパニック売りがあったと分析。

 

地元の個人投資家が銀行預金の利率低下を受けて、株に資金を回していたが、市場が逆回転してパニック売りにつながったようだ。

 

また、テト休暇前の利益確定の動きも増幅させた可能性がある。

 

この急落を受けて、個人的にはバイデンが間接的にベトナムにネガティブなことを言うのではとほんの少しだけ気になってきた(多分ないと思うけど)。

 

中国の代替地として伸びてきたベトナム。

 

今後もトレンドは変わらないと思うが、

 

バイデンになり中国との距離感も変わる可能性もあり

 

バイデンのコメントはベトナム株投資の上でも要注目。


2021/01/13

SBI証券でのベトナム株の買い方を動画にしました

YouTubeのコメントでリクエストがあったので

SBI証券でのベトナム株の買い方を動画にしてみました。

もちろんベトナムの証券口座という選択肢もあるので

そちらも考慮に入れた上で、考えてみてください。



ベトナム株投資ですが、最近は良い感じです。

ベトナム株、特にコンテナ株が絶好調です。

タンカンロジスティックとベトナムコンテナが絶好調。

また長らく含み損だったビンホームズもプラテン!

残るは含み損はビグラセラハロンのみです。

配当良いので全く問題ないですが。

こつこつベトナム株を増やしていきます!

2021/01/04

SBI証券でタイ株を新規買い付け。EV、LiB、再生エネ、物流の関連銘柄に期待!

タイのデルタ電子の一部売却益を使い、タイ株を6銘柄新規で買い付け!


30万円✖️6銘柄で180万円くらいの投資。


ちなみにデルタ電子は50万円→400万円くらいになり、300万円弱を利確。


再投資が180万円、税金が50万円、出金が60万円くらい。


それで今回新たに買い付けたわけだが・・・


タイ株に関する情報の少なさと、SBI証券の取り扱い銘柄の制限で、かなり苦戦・・・


前回、タイ株の3銘柄(タイ空港公社、バンコクメディカル、デルタ電子)を買った際は、


ブルームバーグ(有料)のスクリーニングで抽出して


かなり絞ってから選別した。


今回はブルームバーグが使えなかったので、SBI、WSJ、タイ取引所、グーグル検索で銘柄リサーチ。


といっても何ら深い調査はできず。


SBI証券における事業概要と過去五年程度の売上と利益と株価推移をみて、


悪くなさそうなやつは英語や日本語で検索して良さげな情報が出てきた会社をピックアップ。


リサーチしても精度が上がらないと感じたので


30万円という小ロットで複数銘柄に分散することに。


↓投資した銘柄と一言コメント


・エナジーアブソリューション(EA)


タイで再生エネルギー事業を展開している。


さらにEVの製造や充電所ビジネスにも取り組もうとしている。


日本株だったら間違いなく買わない部類だが、


当たれば大きそうなので新規買い付け!


ちなみにEA(と後に出てくるWHA)はYOUTUBEでも取り上げているので是非みてみてください!



・CPオール(CPALL)


代表的なタイ銘柄。タイのセブンイレブンを展開。


1社はこういう安心できる銘柄を入れたくなったので入れた。



・ダイナスセラミック(DCC)


セラミック壁とフロアタイルの製造・販売に従事するタイの会社。


業績は悪くないし(営業マージン20%近い)、配当利回りも高い(SBIによると6%)


ということで良きバリュー株の匂いがして新規買い付け。


・グローバルパワーシナジー(GPSC)


発電事業をてがける。


ただリチウムイオン2次電池(LiB)の製造にも挑戦する模様。


そこら辺は中国企業が既に強いから成功するかは謎。


・TPIポーリンパワー(TPIPP)


「同社は廃熱回収発電所、ごみ固形燃料(RDF)発電所を運営する」とのこと。


近年、異常に業績が伸びている一方で、バリュエーションは安いので


買いました。


・WHA(WHA)


「開発とリース倉庫、物流センターと工場事業を展開するタイの会社」とのこと。


日経新聞でも取り上げられており、CPALLの次に安心感がある。


今年はコロナで業績がボロボロなので、良い買い時だった。


先進国にならい、タイも物流センターや工場の需要は増えると思うので、今後買い増していきたい会社。





今回、SBI証券でタイ株をすることの限界を感じてしまった。


あとはタイ株より、ベトナム株の方が投資をしていて安心感があるということ。


今回投資したタイ株はEVやバッテリー分野で頑張っているけど


かなり先行している中国企業に勝てるかは謎。


ベトナム企業は内需が大きいし、ITサービスとか強みがしっかりしている。


自動車はタイにおいて重要な業界だけど、EV時代にどうなるか。


ASEAN企業は中国企業との競争が課題。


というか、競争しない分野が一番良さそう。


そういう意味では内需気味のCPALLやWHAが個人的にはおすすめです。


タイ株自体は政情不安やコロナ騒動で、


かなりアンダーパフォーマーしており、


今は良いエントリーのタイミングではと期待している。


また当面含み損かもしれないが、気長に待ちます!


YOUTUBEでは株について色々動画あげているので、是非みてみてください!




新興国株は気長に続けて、一攫千金を狙います。


2020/12/30

2020年のタイ株・ベトナム株の投資結果

19年に投資を開始したベトナム株・タイ株。

2年目は最終的にはとても良い終わりとなった。

20年年初には300万円弱だった資産は

20年年末には700万円を超えた!

初期入金額を下回ることはもうないと思うので、新興国株は完全に成功。

新興国株投資を嘲笑する声に負けずに続けてよかった・・・





タイ株:デルタ電子がフィーバー



特にフィーバーしたのがタイのデルタ電子。

日経新聞でも取り上げられていたが、一時テンバガー(1日だけ笑)

乱高下してましたが、買値からおおよそ6−7倍で売ることに成功!

恩株は残しているよ。

これによりタイバーツの資産が100万円→400万円強と急成長。

デルタ電子の利確で資金ができたので、これを別のタイ株につぎこむつもり。

金額がそれなりに大きいのでそこそこちゃんと調べるつもり。

もちろん投資をした際にはブログでご報告するので要チェック!


ベトナム株:地に足ついた1年



ベトナム株は19年の投資以来、1年強ずっとずっと含み損・・・

ただ20年半ばから後半に含み益に転じ、

CMCを良いタイミングで買い増せた。

個人的にはCMCをがっつり買えたのが20年のベストトレードな気がする。

いつもアップロードしている口座の最終的な含み益は+40万円程度

もちろん配当分のプラスも別であります。

配当→再投資の流れも確立できて

ベトナム株投資が地に足ついたと感じる1年。

あとはデルタ電子みたいな大化け株がでるのを待ちます・・・





ちなみに別口座のCMCを合わせると140万円のプラス。

CMCはいつもアップロードしている口座ではまだ含み損・・・

別口座も合わせるとCMC1社に550万円投資している。

GAFAとかテスラとかで米国株勢が潤っている中で、

もし逆転できるとしたら

CMCに投じた550万円が輝くしかない

21年には片鱗が見れると期待。頑張れCMC。

ちなみに高配当なベトナム株は一般的な配当利回りが5〜10%くらい。

別口座のCMCも合わせると年間の配当は50万円とかになってくるので、

これを10年くらい続ければベトナム株のポートフォリオも数千万円になっていると信じている。


新興国株やって良かった



こうして2年くらいタイ株・ベトナム株をやって思うが

新興国株をやって良かったと思う。

EVとか成長テーマに強い日本株が少ない時に

海外株でそれを探せるのは大きい。

マクロが成長するという安心感も心地いい。

投資の視点も広がる。

そういう観点では中国株と米国株が自分には足りない。

新興国株ではなく先進国株だが。

これらのポートフォリオの割合が非常に少ないのが現状の課題。

米国株は一部ハイテクのみ、中国株はゼロ・・・

ということで21年は米国株や中国株への投資ウエイトを少しづつ増やす元年とする。

人生まだ何十年とあるので、少しづつ勉強していくのに

遅すぎることはないでしょう。


21年は米国株と中国株の有望株に資金投入するのでよろしくお願いします(最初は小額)!


2020/12/20

ベトナム株のエレコムとビグラセラハロンをSBI証券で新規購入 

ベトナム株の配当が一定額たまったので、ベトナム株をSBI証券にて新規買い付けしました。

今回購入したのはエルコムビグラセラハロンの2社です。

それぞれ10万円〜15万円程度買い付けです。

下記が会社概要です。

ビグラセラ ハロン(VHL) 

・ビグラセラ•ハロンタイル(Viglacera Ha Long Joint Stock Company)はフローリング 及び屋根ふき用のブリック•タイルの製造•販売に従事するベトナム会社である。


・同社は装飾タイル、コットタイル及びブリック等を生産し、同時に運営材料の採掘、他の生産者への技術移転、並びに製造棟の建設もする。


・また、同社は貨物の運送及び石油の卸売にも携わる。


・本社をクアンニン省のハロン市に置き、同社は3つの工場及び2つの企業を有している。




エレコム(ELC)

・エレクトロニクス・コミュニケーションズ・テクノロジー・インベストメント・デベロプメント(Electronics Communications Technology Investment Development Corporation)は電気通信及び情報技術に従事するベトナムの会社である。


・同社は電気通信と情報技術(IT)設備と機器を製造・販売し、付加価値のある電気通信ソリューション、スマートトラフィック管理、ITインフラ、システム統合、セキュリティとインテリジェンス及びハイテク農業などの複数の業界向けのソリューションを開発・実装する。


・また、カスタマイズされたソフトウェアソリューション、自動化コンサルタント、及びリース用オフィススペースを提供する。





ビグラセラハロンは優秀なバリュー株っぽい


ビグラセラハロンは既に購入していて、今回は追加購入です。

ビグラセラの紹介記事

購入した理由はめちゃくちゃ割安だからです。

配当利回りは10%に近いです。

2020年の現金配当は2700ドンでした。

12月20日時点で株価が28500ドンなので、9%強です。

コロナ下でも赤字になっていないですし、今後ベトナム経済の成長を考えると

同社がてがけるブリック•タイルが伸びるのは信頼できます。

エレコム(ELC)

ベトナム株はそもそもテック・IT系で買える株が多くないです。

テックセクターで時価総額1位のFPTはSBI証券なのでなかなか買えず、

同2位のCMC通信は十分買っており、

そこで時価総額4位のエレコムを買いました。

業績としてはまあまあというところです。

味見程度に13万円くらい投資しています。

今後、投資成績を紹介していきたいと思います。

海外株に投資する際に英語スキルがあれば役立ちます。


2020/12/19

ファーライ火力発電(PPC)が大幅減配。一株350ドンの配当発表。

ファーライ火力発電(PPC)が現金配当を発表しましたが、前年に対して大幅な減配となりました。

今回発表されたのは一株350ドンの現金配当、権利落ち日は12月18日、支払開始日は1月21日です。前年の同時期は1500ドンでしたので、大幅な減配です。

以下が過去の配当推移です。2020年(権利落ち日ベース)年間でも19年に対し大幅減少となりました。

・2013年:1000ドン
・2014年:2300ドン
・2015年:1200ドン
・2016年:3300ドン
・2017年:2400ドン
・2018年:2800ドン
・2019年:2700ドン
・2020年:1350ドン

現株価は24000ドンなので、1350ドンだと配当利回りは5.6%です。

ファーライ火力発電としては高くないですが、ベトナム株としては平均的です。

来年は業績改善で増配も期待したいですね。

株価はコロナ前と比べてまた低い水準にありますが、過去5年では順調に上がっています。




鬼滅の刃で英語を学ぶ。楽しみながら英語を学びたい人におすすめ。

2020/12/14

【お年玉】ビナミルクが1株1000ドンの現金配当を発表

ビナミルク(VNM)が一株1000ドンの現金配当を発表しました。

権利落ち日は1月5日。支払い開始は2月26日と先ですが、嬉しいです。

年明け早々の配当確定はお年玉みたいで幸先いいです。

2021年:1000ドン(1回、1月時点)
2020年:3500ドン(2回)
2019年:4500ドン(3回)
2018年:4500ドン(3回)
2017年:5500ドン(3回)
2016年:6000ドン(2回)
2015年:6000ドン(2回)

これで2021年の配当は1000ドンです。20年は3500ドンだったので、21年はそれ以上の配当が期待できると思います。なぜなら、コロナのワクチンもできたことで、21年の業績は20年より復調する可能性が高いからです。

このところベトナム株は好調ですが、21年はさらなる躍進を期待したいです。

21年はビナミルクの年になることを願っています。

ビナミルクに関するYOUTUBE動画も是非ご覧ください。




年末は投資に関する本を読んで来年に備えましょう!



それでは株を楽しんでいきまっしょい!

2020/12/06

ベトナム株に200万投資した結果、配当利回り8%で資産増加フェーズ!?

19年1月にベトナム株に投資をスタートしました。投資してからずっと含み損でしたが、いつしか含み益に転換し、配当金も積み上がっていく体制となりました。

長かったです・・・

私は日本が豊かさを維持するために海外投資が重要だと思っており、当ブログでは日本人が海外資産を形成することを少しでも応援できたらと思い、ベトナム株の長期資産形成の推移をお伝えしていくつもりです。

そこで今回はこれまでの2年弱のベトナム株の配当を振り返ってみます。

早速ですが19年1月から、20年12月までの累計配当金は33万円となりました。入金は200万円程度だったので、年間8%くらいで回っております!

ありがたい。

ベトナム株の今の時価は270万円です。今後10年間、配当だけで200万円以上は入ると思いますので、それを再投資し続け、10年で最低1000万円くらいまでいきたいですね。

もちろん数十倍になるような大化け株を当てれれば、それ以上いけると思うので、大化け株を探し続けたいと思います。

タイ株も合わせた現状の含み益はタイ株がフィーバーして、+169万円となっています。




デルタ電子はたまたまフィーバーしていますが、こんな感じでベトナム株もフィーバーする銘柄を保有できるように、配当は再投資し続けたいです。

今ベトナムドンの現金が10万円くらい溜まっているので、そろそろ新たな投資先を探したいと思います。投資したらブログでもお知らせしたいと思います!

YOUTUBEでもベトナム株についての動画を上げているので是非ご覧ください。



2020/12/02

ベトナム株配当情報:サイゴンビールが1株2000ドンを発表

 サイゴンビール(SAB)が一株2000ドンの配当を発表しました。権利落ち日は11月30日、支払い開始は12月18日です。

サイゴンビールは2月に既に3500ドンの配当を発表しているので、20年は5500ドンの配当となります。12月2日の株価が196800ドンなので現株価に対する配当利回りは2.8%です。

過去5年の現金配当推移は以下の通りです(権利落ち日で振り分け)。今期は業績的には芳しくないですが、前年より大きく増配となっています。

16年:計3000ドン(1回)
17年:なし
18年:計7000ドン(3回)
19年:計1500ドン (1回)
20年:計5500ドン(1回)

下記がサイゴンビールの過去五年の株価推移です。株価はコロナ前から大幅に落ちて、まだ戻していません。コロナに加えて飲酒運転の取締強化の影響もありそうです。早く17年のピーク水準を超えて欲しいですね。




2020/11/30

ビナミルク株の投資分析。ベトナム株入門にぴったり




こんにちは、うみがめです。

今回はベトナム最大手乳業企業ビナミルクについて解説しました!

下のYoutubeではこのブログより深く説明しているので、是非ご覧ください!




実は森永牛乳よりも時価総額が大きいビナミルク。なんとその規模は約4倍!


ビナミルク とは?    

ビナミルクは名前の通りベトナム最大手の乳製品を扱っている会社です。
牛乳やヨーグルトを扱っていて株価もすくすくと伸びています。



2012年には3万5000ドンあった株価は、現在では11万ドンと着実に成長してきています。

ベトナム最大の乳製品企業ということで、そこには大きな秘密があります。
それは、業界トップの牛を含めたキャパシティとクオリティーコントロールが大事なポイントとなっています。サプライチェーンの構築がかなり競合他社をリードしていて、新たな会社の強力な参入障壁となっています。

中国の乳製品需要         

また中国ではコロナがきっかけで人々の健康意識が高まったと言われていて、牛乳などの健康食品の需要が上がっているという報道もありました。
残念ながら日本の牛乳は、口蹄疫の問題などがあり、2010年から中国において輸入禁止制限品目に認定されてしまっています。(一応、132℃以上1秒以上の加熱殺菌が施されていれば日本からの輸出可能となりましたが、二国間の輸出証明書の様式が整っていないため、実際は輸出ができない状況になっています。)
そこでこの中国という世界最大規模マーケットの健康ブームに乗じるのがビナミルクなどのベトナムの乳製品メーカーです。

Youtubeでは株価の変動視点だけでなく、ビナミルクの企業分析をした上で、
なぜおすすめかを解説しています。
是非下リンクから、ご覧ください!


最後まで読んでくださりありがとうございました!
ビナミルクは、ベトナム株の入門株としてはとてもオススメな銘柄です。
是非これからも世界で一番勢いのあると言っても過言でないベトナム経済で一緒に盛り上がっていきましょう!

外国株投資はまずどんな企業があるか知ることから。ベトナム含むASEANの有力企業を学ぶのには「ASEAN企業地図」がおすすめです。








今回は以上です。ツイッターでもベトナム株情報をお知らせしますので、是非フォローお願いします:






*重要な事項

当サイトはあくまで個人の見解で情報提供を意図しており、サイトの閲覧者に銘柄への投資を推奨しているものではありません。また、掲載情報が誤っているかまたは古い可能性もあります。当サイトの情報を利用することで発生したいかなる事故・損害に対しても当サイトは一切その責任を負いません。投資は元本が減少するリスクがあります。上記の株への投資を含む、投資の決定はくれぐれも自己責任でお願いします。

2020/11/08

【20年配当利回り28%】タンカンロジスティックスが一株3000ドンの配当を発表

20年の配当利回りは驚愕の28%

タンカンロジスティックス(TCL)が一株3000ドンの配当を発表しました。権利落ち日は10月27日。支払い開始は11月12日です。

権利落ち日ベースで20年において3度目の配当で、ここまでの総額は計7000ドンです。直近株価が24800ドンなので配当利回りは驚愕の28%です。

私は現株価より低い水準で買っているので、入金ベースではさらに高い利回りです。

以前の記事でTCLの株主総会でベトナム語の記事を翻訳して、20年は大幅増配見通しであることを紹介しましたが、現実となりよかったです。

そんな配当大盤振る舞いはありえない、と言われることもあったので・・・

↓5月に総額7000ドンの配当見通しについて紹介しています。記載の配当利回りは私の入金ベースです。

https://www.stockmemo.com/2020/05/PL_30.html




今年の配当でかなり元が取れたのでいいですが、タンカンロジの来年の配当は減配でしょうね。さすがに28%は持続しないので。ちなみに20年7−9月期の業績は前年比で増収でしたが減益となっています。コスト増加というところですね。

目先の利益はいいので数年後に大きく成長してもらえれば大丈夫です。

私はもちろんTCLは保有継続ですが配当は別の銘柄に再投資したいと思います。


2020/11/04

CMC通信が1000ドンの配当を発表

私の資産倍増の夢を託しているCMC通信(CMG)が一株1000ドンの配当を発表していました。11/23権利落ち、12/08支払い開始とのことです。

ちなみにCMCの7-9月期の業績は前年比で売上増加、粗利は増加、営業利益は減少ということでした。可もなく不可もなくというところで、爆上げ決算は今後に持ち越しです。

ちなみにCMCは外国人保有の残り枠がじわじわ低下しています。1年後にはFPTみたいなプラチナ株になっているかもしれません。それには機関投資家が買えるように業績と時価総額を上げてもらう必要がありますね。



私は全て合わせると3万7千株程度CMCの株を保有しています。今回の配当で3700万ドン獲得することになります。日本円で約16万円というところで、これは他に有望そうなベトナム株に投資する資金にしたいと思います。

ベトナム株はまだまだ割安なので現金が入れば即投資で当面はいきたいと思います!